So-net無料ブログ作成
検索選択
ランキングに参加しています♪ 気に入っていただけたらポチお願いしますm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ



ブラックスワン とは? [マネー]

ブラックスワン(black swan)とは、起こりえないと思われていた
ことが起こって、起こった時の衝撃が強い事象のことをいいます。

スワン=白鳥は、白い鳥だけだと信じられていたところ、1697年に
オーストラリアで黒い白鳥が発見され、それまでの考えが一気に
覆ったことから、ありえないことが起こることを「ブラックスワン」
と言うようになりました。

投資家は、先行き不透明な状況に恐怖を感じるため、金融市場で
ブラックスワンイベントが起こると相場が大きく変動しやすくなり、
資産を守るためにリスクオフ状況になり、株式などのリスク資産は
売られやすくなり、安全資産に資金が向かいやすくなります。


タグ:
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

のれん とは? [マネー]

会計用語としてののれん(goodwill)は、企業の買収・合併(M&A)
の際に発生する、「買収された企業の時価評価純資産」と
「買収価額」との差額のことをいいます。

のれん(暖簾)とは、飲み屋や小売の店先の入り口にかかっている
あの布切れを思い浮かべますが、その店の屋号が書いてあると
いうことから、顧客への知名度や品質などブランド価値を
示す象徴という意味合いを持ちます。

このような無形のものに対して投資することから、実際の金銭的
価値に上乗せして評価するプレミアムの分を指すようになりました。


タグ:
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブロックトレード とは? [マネー]

ブロックトレード(Block trade)は、ブロック取引とも呼ばれ、
株式の売買において、証券会社を通じて、同一銘柄を一度に
大量に相対取引(あいたいとりひき:市場を介さずに売買の
当事者同士で売買を行う方法 のこと)で売却または購入する
取引のことをいいます。

これは、大口投資家にとって、マーケットインパクトを抑え、
瞬時に売却または購入が完了するというメリットがあります。

注文を受けた証券会社は、立会外取引で他の大口投資家の
買い注文と付け合わせたり、自己売買部門で一旦注文を受けて
自社の裁定取引のポジションに組み入れたり、また提携先の
海外のブロック取引を専業に行う会社と取引したりしています。


タグ:
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MACD とは? [マネー]

MACDは、「Moving Average Convergence Divergence」の略で、
日本語では、「移動平均収束発散法」といい、平均を取る期間の違う
2つの移動平均を用いた指標のことです。

MACDは、「マックディー」と読みます。

移動平均線でも期間が異なる二本の線の動きによって売買サインが
表されますが、指数平滑移動平均は直近の株価にウエイトを置いて
計算されているため、移動平均線よりも売買サインが早く発生すると
いう特徴があります。


タグ:M
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カタリスト とは? [マネー]

カタリストは、英語でCatalystと書き、触媒という意味があります。

転じて、マーケット(市場)においては、相場を動かすきっかけとなる
イベントもしくは材料のことを指します。

一般にカタリストは、本来は良いものも悪いものもありますが、
市場においては、良い意味で使われることの方が多いです。


タグ:C
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カストディアン とは? [マネー]

カストディアン(Custodian)は、投資家に代わって、株式債券
などの有価証券の保管・管理を行う金融機関のことをいいます。

通常、国内の投資家が外国の有価証券を購入する場合、自国に
現物を取り寄せて保管・管理することは難しいため、現地の
カストディアンと委託契約を結び、有価証券を保管・管理して
もらいます。

日本でのカストディアンの担い手については、信託銀行や都市銀行が
本業務を手掛けています。


タグ:C
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

掉尾の一振 とは? [マネー]

掉尾の一振は、「とうび(ちょうび)のいっしん」と読み、
主に株式相場で使われる用語で、年内最後の取引日である
大納会に向けて株価が上昇する「年末に起きる株高」のことを
いいます。

掉尾とは「物事が最後になって勢いの盛んになること」、
一振とは「きっぱりととり払うこと」を意味することから、
物事の最終局面で勢いを増すといったニュアンスから来ています。

「掉尾の一振」は、マーケット(相場)のアノマリー(格言)の一つ
として広く知られており、その具体的要因としては、新年相場への
期待感、年末の節税対策(含み損の解消)の売りが一巡して売り圧力が
減少、あるいはファンド等による期末のドレッシング買いなどが
挙げられます。

掉尾の一振は、概ね最終営業日前の5営業日(大納会含む)の間と
されています。




タグ:
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

VWAP とは? [マネー]

VWAPは、Volume Weighted Average Priceの略で、ブイワップと呼び、
日本語では売買高加重平均価格といいます。

VWAPは、当日の取引所で成立した価格を価格ごとの売買高(出来高)で
加重平均したものをいい、取引所を通じて行なう「成行」や「指値」での
取引と並ぶ売買手法として、国内外の機関投資家を中心に広く利用されて
います。

指値注文や成行注文では、安く売りすぎたり、高く買いすぎたり、
売買が成立しなかったりということがありますが、VWAP値の注文は、
そのようなリスクを抑えることができます。



タグ:V
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CFD とは? [マネー]

CFDは、Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引
と呼ばれます。

差金決済とは、売買の際に全額のやりとりをせずに売買の結果
として発生した差額のみをやりとるする方法です。

加えてCFDは証拠金取引でもあるため、一定の金額を担保として
預けてレバレッジを効かせた取引が可能です。

FXはCFDの一種ですが、一般には、外国為替のものをFX、それ以外
株式や株価指数等のものはCFDと呼んでいます。


タグ:C
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GDR とは? [マネー]

GDRは、Global Depositary Receiptの略で、日本語では海外株式預託証書、
グローバル預託証券といいます。

DR(Depositary Receipt)は、自国以外の海外で株式を上場させる場合、
株式そのものは自国に預け、株式に代わりそれに見合う証書を海外の
証券取引所に上場させて資金調達をはかるものをいい、投資家にとっては
自国の証券取引所において自国通貨で売買することができます。

GDRは、主にヨーロッパ市場で発行される外国企業を発行体としたDRを
いいます。


タグ:G
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ランキングに参加しています♪ 気に入っていただけたらポチお願いしますm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ